旅&美味しいものに囲まれて。。

遊びに来てくださってありがとうございます。。 大好きな旅・美味しいもの・たまにはお料理もご紹介! ごゆっくりどうぞ~~~

2013年01月

おはようございます♪
 
今日も朝からいいお天気です。。気温も16度まで上がるみたいで(^^)
 
 
しばしのご無沙汰でございました。。皆様、体調崩されてませんか??
 
大阪に帰って約束してたお友達軍団、肺炎で入院してたりインフルエンザにかかってたりとヨレヨレ状態でした。。
 
旦那様のお父さんもインフルエンザで寝込んでたし。。。
 
それに比べて私のお母さんはお友達と旅行へ、キヨシはお母さんが居てる時以上に好き勝手してました(笑)
 
まあ、元気なのが一番なんですけどね~~~ハイ。。。
 
 
 
はてさて。。
 
先日鹿児島に行った時にランチで連れて行ってもらったいわし料理専門店(^^♪
 
 
イメージ 1
 
 
イメージ 2
 
 
 
いわし専門だけにメニューもいわし尽しでした。。
 
イメージ 4
 
その中から旦那様達は「いわし膳」
 
イメージ 5
 
 
この中のいわしのお刺身がとっても綺麗で肉厚でした!
 
イメージ 6
 
 
変わってるのが、このお刺身を酢味噌で食べてましたよ~~
 
これはこれで美味しい!って言うてました(^^)
 
 
 
イメージ 7
 
私達嫁は「いわし天ぷら定食」
 
イメージ 8
 
 
 
メインの天ぷらは揚げたてサクサクで美味しかった~~
 
イメージ 9
 
 
 
甘露煮も軟らかくってちょうど好きな甘さの味加減(^^)
 
イメージ 10
 
 
 
お酢が好きな私はこの南蛮酢味噌和えはお気に入り!
 
イメージ 11
 
 
お味噌汁にまでいわしの身がゴロゴロ入ってました~~
 
イメージ 3
 
 
 
昔はいわしと言えばお買い得なお魚だったけど今は他の魚類と負けない値段しますもんね~~
 
これだけのいわし料理を堪能できて950円はコスパ高いですよね!?
 
新鮮で種類もあって味も抜群! 文句なしのお店でございました~~~
 
 
 
ではでは。。。
 
 
 
 

おはようございます♪
 
今朝はかなり冷えてます。。最低気温マイナス2度。。晴れてても晴れな感じがしませんわ。。
 
 
はてさて。。
 
一昨日に一泊で鹿児島県に行ってきました(^^♪
 
宮崎から車で2時間もあれば行けるので何回か足を運びましたが、今回は旦那様の同僚ご夫婦に
私達の知らない鹿児島県を案内していただきました(^^)
 
 
それが鶴の渡来地である鹿児島県出水市。。
 
イメージ 1
 
 
日本にもこんなところがあったんですね~~皆さんご存じでしたか??
 
鶴は渡り鳥とは知ってましたが、ここ出水市には10月の半ば~3月頃まで約1万羽の鶴が越冬するんですって~
 
 
現地に行く前にまずは鶴のことを知っておこうと『鶴の博物館↑』に行って情報収集(^^)
 
イメージ 2
 
 
職員さんが丁寧に説明していただきました。。ありがたい!!
 
 
さっそく現地に向かいましたが。。。とにかくビックリ!!
 
こんなにたくさんの鶴が見れるなんて~~~~
 
イメージ 3
 
 
イメージ 4
 
 
いるいる~~~いろんな種類の鶴が。。どれがどれかわからないけど、とにかく群がってました。。
 
 
イメージ 5
 
 
イメージ 6
 
 
こんな近くで鶴を見れることってナイですもんね~~~
 
 
鶴は普通2個の卵を産み落とすので、4羽揃って行動するそうです。。
 
3羽で行動してる鶴は1個しか雛にならなかった・2羽は夫婦鶴・一羽は独身鶴だそうです。。
 
鶴の雄・雌を人間が区別するには細胞を調べないと分からないぐらい難しいらしいです。。
 
もちろん、鶴同士は簡単に区別はついてるやろうけど(笑)
 
 
イメージ 7
 
 
↑こんな感じに『V』の字を画いた群で飛ぶんだそうです。。これは2家族かな。。
 
その先頭(Vの先っちょ)に一番弱い鶴や年寄り鶴が位置づくんだそうです。。
 
それを強い鶴が見守るように群を作って飛んでます。。へ~~~って感じでしょ!
 
 
真ん中に館内から見れる箇所があってそこで見てこれまたビックリ!
 
イメージ 8
 
 
真ん中に餌が撒いてあるのもあってたくさんの鶴が集中してました!
 
今年は今の段階で1万3千羽も渡来してるとか。。
 
それを聞いて納得です。。。ハイ。。。
 
珍しい光景を見れていと満足な私達夫婦でございました(*^_^*)
 
 
 
明日から大阪に戻ってきます。。しばらくの留守でございます。。
 
ではでは。。
 
 
 
 
 
 
 

おはようございます♪
 
昨日は晴れの予報だったので思いっきり洗濯したのに一日中雨でした。。
 
今日は予報通り晴れるかな。。お天気に裏切られるとかなりショックな私です。。ハイ。。
 
 
はてさて。。
 
料亭っぽい一品を作ってみました(^^♪
 
☆鱈と海老の蕪蒸し
 
イメージ 1
 
 
器の中は鱈・海老・椎茸・かまぼこが入ってます。。
 
それに八分立てにした卵白に擦りおろした蕪を混ぜ合わせたものを上からかけて蒸らしました。。
 
仕上げに銀杏を入れたあんをかけてます。。
 
中の具を変えたらいろんなアレンジも出来ます。。
 
 
たまにこういう見た目手が込んでそうな品を出すと旦那様も『ほ~~ほ~~』と感心してくれます(*^_^*)
 
意外と簡単に出来ちゃうけど・・・ウフっ(^^)
 
レシピはクックパッドに♪
 
 
ではでは。。
 
 
 

おはようございます♪
 
今朝も寒さはマシでお天気も良さそうです(^^)
 
 
昨日からここ宮崎でJリーグキャンプが始まりました。。
 
今月末になるとプロ野球選手も次々と宮崎入りして2月から本格的にキャンプ始動です!
 
ミーハーな私はそれはそれは楽しみで(^^) 巨人ファンの旦那様はすでにキャンプ日程をチェック済み。
 
なるべくそれに合わせて2月の仕事のスケジュールを組むほど(笑)完全にジャイアンツメインです。
 
今年はWBCキャンプもあるし。。楽しみです!ハイ(^^)
 
 
はてさて。。
 
かなり前になりますが義母から泉州の玉ねぎがたくさん送られてきて。。
 
大阪泉州の玉ねぎも有名で淡路の玉ねぎ同様に採れる時期が短いんです。。
 
なので、その時期になると現地まで行って大量に買って来はります。。
 
たくさん送ってくれたのはうれしいけど、傷みも早いんですよね~~~
 
その消費をどうしようかと思ってた矢先の年末にテレビの「はなまる特集」で見つけた一品(^^♪
 
☆玉ねぎの月見蒸し
 
イメージ 1
 
 
とっても簡単に出来ちゃうんです!
 
玉ねぎの皮を剥き、芯の部分を切り落とさないように放射状に切れ込みを入れてラップでくるみ、600Wの電子レンジで4分加熱。
 
出来たら皿にのせ軽く開き、真ん中に温泉卵をおとしてポン酢をかければ完成!
 
はなまるでは「玉ねぎポン酢」と手作りでしたが、普通のポン酢でもOK!
 
 
玉ねぎの甘さがそのまま味わえました!
 
玉ねぎ好きにはたまらない一品になりました~~(^^)
 
 
ではでは。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

おはようございます♪
 
昨夜から降り続いた雨も上がって今日は晴れの予報です。。気温も高いみたいで寒さはマシかな。。
 
 
はてさて。。
 
本日のお料理ですが、先日テレビを見て作ってみたくなったメニュー(^^♪
 
皆さん『アヒージョ』ってご存知ですか??
 
私は初めて知ったんですがスペインの定番料理だそうです。。
 
たっぷりのにんにくで香りをつけ、オリーブオイルとお塩だけの煮込み料理なんです。。
 
「オリーブオイルで煮る!?」ってのに興味津々になって。。さっそく(^^)
 
☆アヒージョ
 
イメージ 1
 
 
ごちゃごちゃしたお写真ですいません。。。
 
まず、にんにく4個を半分に切り、タカの爪(辛さはお好みで)と大4のオリーブオイルで香りが出るまで弱火でじっくり炒めます。
 
お好みの根菜類・鮭・海老・ウインナー・香りづけにタイム(なかったのでローリエを使いました)を加えて炒めるように3分ぐらい焼きます。
 
あとは具材がヒタヒタに浸るまでオリーブオイルとお塩を少々加えて蓋をして5分ぐらい煮込んだら出来上がり!
 
私はいろんな具材を加えましたが、お好みで単品でも複数でもOKです(^^)
 
 
で、食べてビックリ!なんて美味しいの~~~^
 
オリーブオイルとお塩だけの味付けとは思えないぐらい(^^)
 
お野菜類からうま味と甘みがたっぷり出てるんですね~~素材の味がそのままって感じ。。
 
宮崎産の新鮮なお野菜を使ってるのでより美味しさがアップ!
 
オリーブオイルなのに意外にあっさりといただけるんです!
 
これには旦那様もビックリで美味しい!!と食べてくれました(*^_^*)
 
 
食べた後のオリーブオイルに湯搔いたパスタを加えるとぺペロンに変身~~
 
イメージ 2
 
 
手前にちょこんと写ってるのは焼いたバケット。。
 
最後はこのバケットにたっぷりオイルを染み込ませていただきました。。
 
そうすると後片付けも楽ちん(^^) バケットで綺麗にオイルをふき取ってるので洗うときもギラギラしないんですよ~~
 
 
なんで今まで知らなかったんやろ!?ってぐらいお気に入りのお料理になりました。
 
中途半端なお野菜類がある時は便利ですし(^-^)
 
お勧めでございます。。ハイ(^^)
 
 
参考にしたレシピです→☆
 
ではでは。。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

↑このページのトップヘ