旅&美味しいものに囲まれて。。

遊びに来てくださってありがとうございます。。 大好きな旅・美味しいもの・たまにはお料理もご紹介! ごゆっくりどうぞ~~~

2007年02月

イメージ 1

今日は紅茶レッスンの日でした。
本日の生徒さんは、遠方から来られてる方だったので短期ということで 一日で2レッスン進むことに
なるんです。そうなると、私のいかに短時間でこなせるか??ってことで気合い入りました。
なんとか、無事終えることができました。

今日のティータイムのお菓子にクリームブリュレを作りました。
簡単に作れて、美味しいですよ!
材料・・牛乳1/2カップ、生クリーム2カップ、卵黄4コ、グラニュー糖35g、
    バニラのさや1本(なければバニラエッセンスで)、ラム酒 小さじ1、ブラウンシュガー適量

,泙此鍋に牛乳・生クリームを入れ、バニラのさやから種を取り出して加えて
(バニラエッセンスの場合は少量)火にかけて沸騰直前に火を止める。

▲椒Ε襪僕餡を入れ、グラニュー糖を加えてすり混ぜ、,鮠しずつ加えながら混ぜ
ラム酒を加える。この時、卵黄が固まらないように少しづつ加える。

△魄貎佑屬鵑鼎張哀薀織鷸に入れ、180度のオーブンで約10分焼く。

ぞ討韻燭乕洪紊某擦靴徳毒をとり、冷凍庫でしっかり凍らせる。

タべる直前に 表面にブラウンシュガーをふり、表面に色目がつくまで熱したら出来上がり!





my homepage http://www.geocities.jp/teafukushima/top

早々と帰国する5日目になりました。
この日は朝から主人と近くの大衆マッサージ店でオイルマッサージをしてきました。
大衆だけあって2時間600バーツと安いこと。
その割には 店内は綺麗で個室に入って まったく日本語が話せない現地の人にやってもらいました。
やってる時はそうでもなかったのですが、あと節々が痛くなってきました。
慣れてないのか 揉み具合が悪かったのか・・・
確かに思い返すと 前日に受けたマッサージよりはるかに力が強かったような気がします。
終わったあと 気持ち良いはずが疲れてました。しらない間に力が入ってたんですね。

帰るころにスコールが降ってきたんですが ホテルから近かったので走って帰りました。
14時にチェックアウトをすませ 16時のピックアップまで時間があったので 遅めのランチを
ホテルのプールバーでとりました。
最近の私達のブームは旅先のホテルのプールバーでハンバーガーを食べることでして、
もちろんここでも頼みました。
私はチーズバーガーにしました。
グリルで網焼きにしてるハンバーガーはとてもジューシーで美味しいものでした。
とても満足いくランチでした。

19時・プーケット発だったのに1時間半も飛行機が遅れてしまいました。
そのおかげで 22時・バンコク発の乗り継ぎに間に合わず 次の便に変更になりました。
次の便が2時間後で空席があったからよかったものの、なければバンコクで4,5時間待つはめに
なるところでした。
最後にトラブルはあったものの、楽しい旅になりました。
今まで行った国で もう一度行きたい!って思った国は少ないのですが、プーケットはその一つに
なるぐらい素敵な国でした。

イメージ 1

イメージ 2

四日目は ホテルのプールでのんびりしました。
リゾートホテルなので、ホテルライフも楽しみの一つでした。
お昼からは 近くのパラダイスホテルのエステ『パラダイス タイスパ』にいきました。
私は、『ヘブンパッケージ(2時間・1600バーツ <約5500円>』にしました。
内容は、スチームサウナ・アジアンブレンドマッサージ(オイルを使って全身マッサージ)・
デトキシファイングマッドラップ(死海のマッドで全身をラップして体内の沈底毒素を除去)・
あとフレッシュフルーツとハーバルティーが出されました。
ホテルだけあって、設備はもちろん、綺麗でスタッフもとても愛想よく対応してくれました。
マッサージも気持ちよく ついつい眠ってしまいました。
この値段じゃ日本では考えられないですよね。
数ある中から、ここを選んで私は正解でした。

この日の夜は 最後の晩御飯だったので パッケージについていた宿泊ホテルのシーフードバッフェ
にいきました。なんとも目をひかれる食事の数々。特に、くだものは『カービング』といって
いろんな形どって飾られてありました。これは、タイでは有名ですよね。
食べながら見るハワイアンショーは・・・やっぱり、ハワイ現地のフラショーには劣りますが
周りの雰囲気から優雅にみえました。
ロブスターや車エビ・カニのバーベキューは、新鮮でとてもおいしかったです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

三日目は、ピピ島ツアーにいってきました。
ピピ島までは、大型船とスピードボートのどちらかがあって もちろん時間も早く小回りがきく
スピードボートにしました。

まず8時にホテルピックアップ・9時に出港です。
そこからボートに乗って45分ぐらい。これがまた、思ったより揺れて船に弱い私は
もう少しで酔いそうになりました。
でも、最初に到着したスポットがマヤビーチと言って『ザ ビーチ』という映画の撮影場所らしく、そこは覗く景色、
素敵なビーチで感動しました。砂も白く輝いてました。さすが、無人島ですね。

次はマヤから5分かけて着くシューノーケリングポイント・ロサマベイ。
ゴーグルとライフジャケットを装着して海に入るんですけど、足につけるフィンは100バーツ
(1バーツ・約3.3円)で一日借りれます。このツアーは3回のシュノーケリングポイントが
あるために、借りたほうはいいですね。
海の中は、レインボーの魚がたくさんいて感動もんですよ。

次のスポットはピレラグーンとバイキングケイブをボートから遊覧です。
スピードボートの速度が遅くなるとカメラ登場です。
岩山から覗ける空がなんと神秘的なこと。

次はモンキービーチです。名前のとおり 上陸するとサルだらけ。
ツアースタッフにバナナをもらって恐る恐る手をのばしました。
人間慣れしてるのか、普通に手からとっていきました。
子ザルにあげても すぐ親玉らしきサルが奪いにくるので 小サルにあげる時は回りを確かめる
べきですね。

モンキービーチから少し離れたところで2度目のシュノーケルです。
スタッフから パンをもらって餌付けすると一斉に魚が集まってきました。
海が浅いので 珊瑚が目の前って感じでした。

その後は、お昼ご飯を食べるのに10分ぐらい進んでピピドン島に。
海沿いのレストランで用意されたセットメニューを食べました。
その一つの、トムヤンクンがなんて辛いこと。でも、この辛さに慣れてくるのか
最後には美味しく感じました。
そこでは1時間ほど時間がとってあったので、食後は小さな町になってる島だったので
お土産をみたりブラブラ散歩もできました。

食後は最後の目的地であるカイ島にいきました。
ここが このツアーで一番ゆっくりできる場所でした。
泳いだりシューノーケル・ビーチでのんびりしたりと2時間ほど楽しめました。
砂浜が、あまりにも白くて反射で日焼けしそうでした。

16時に集合し、そこから港へと戻っていきました。
慌しいですが それだけ価値のあるツアーだったので、お薦めの一つです。

イメージ 1

イメージ 2

2/14~19で、プーケットに行ってきました。
初めて訪れた国で 想像以上に拓けた街で楽しいところでした。

まず14日に深夜便でバンコク経由で翌日の朝にプーケット着でした。
関空からは直行便が出てないために、どこかに経由になります。

到着したのが朝でホテルチェックインには時間があったため 現地ガイドに連れられて
観光に行きました。
最初にプーケットの南の方に位置するカタヤイ・カタノイビーチにある『カタビューポイント』
という山の上に行きました。そこから見る景色は、素晴らしいものでした。
海がエメラルド色でとても綺麗でした(写真がその場所です)

その後、プーケットタウンのタイ古式マッサージにいきました。
そこは(名前は忘れましたが)、エステも併用していて清潔感があって入りやすい店でした。
タイ式は 2回ほど体験しましたが、やっぱり今回も私には痛いのが勝って、気持ち良い!って
感じはありませんでした。向き・不向きがあるのか・・・

終わると、ちょうどお昼ご飯の時間になったので、ホテルの中華レストランで飲茶をたべました。
ホテルだけあって、味もいけてましたよ!

お昼からは、ゾウに乗りにいきました。
初めて乗ったんですが、けっこー高いんです。あの背中から落ちたら、骨折は間違いないですね!
そのゾウを上手に扱う『ゾウ使い』には感心させられました。
その一声で前進したり止まったり・・・ゾウって歩きながらウンコするにはビックリしましたが・・
いい記念になりました。

最後にタイと言えば、カシューナッツが有名らしく工場見学にいきました。
あのナッツのからは 手で上手に機械を操って剥いてるんですね~その人のお給料は キロで決まる
らしくなかなか大変な作業でしたよ。指に針が刺さるには当たり前みたく、みんなテーピング
だらけの指でした。なんて痛そうな・・

そんな有名どころを見終わったら もう16時ぐらいになったのでホテルに向かいました。
私達が泊まったのは、一番栄えてるパトンビーチにある『クラブ・アンダマンリゾート』です。
夜になると とても賑やかなところで夜な夜な遊べる地域でした。
だから さっそくホテル周辺を散策にまわり そのまま屋台でご飯を食べて、ホテルに戻ったら
22時ぐらい。もう 足のパンパンでその日は疲れきって眠りました。

↑このページのトップヘ